As soon as we started this project, we realized that this would take us our entire lifetime. First, we realized that our process had always focused on “Extras”. Extra bits of history, relationships, spaces,... These are the basic interests of our continuing, co-operative production. The places which we can reach and cannot reach. The possibilities and impossibilities of the technology. And forgetful nature of our memories. The restrictions of reality can make you feel agitated, but at the same you will discover new things from them, and may find a hope at the end. “Vital Extra” shines a continuous light that helps those discoveries.

Hironobu Yamabe is an artist born in Kumamoto in 1962. He is known for his installation works worldwide.
Fumikazu Ohara is a graphic designer born in Kochi in 1975. In 1999 he founded SOUP DESIGN with his fellow architect. He also launched a new label PLANCTON to produce multiples in 2009.

手をつけ始めてみるとすぐにこのテーマは二人掛かりで取り組んでも一生かかりそうだと感じた。
まず、Extraに焦点を当てて進めていること自体、気が付くとそれは時代や関係、そして空間、それらの相対的な状況の中でど真ん中だったりする。そのことが、2人がやり続けるに値する最大の動機として、共有できる大きなベースになっている。意識の届く範囲とその外側、技術のとどく内と外、また、一見知り尽くしたと思っているものの断絶や過剰さなど、制約と現実の身の回りを少し観察するだけで触発され、発見があり、そして希望にもつながる。Vital Extraはマルチプルを導火線に次々連鎖していく。

山部宏延:アーティスト。1962年、熊本県生まれ。国内外にてインスタレーションやエキシビジョンなどで活動。
尾原史和:グラフィックデザイナー。1975年、高知県生まれ。1999年、建築家とともにSOUP DESIGNを結成。 2009年よりマルチプル・レーベルPLANCTONとしても活動開始。  www.plancton.co.jp, www.soupdesign.co.jp